スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
蛍烏賊
- 2013/04/21(Sun) -
蛍烏賊の身投げはずっと前から見たいと思っていた。

特にyamanao999氏から某雑誌を頂いた時、コレは必ず見なければいけないと思っていた。

新月が狙い目と知ってはいたが、言う事を聞かない体と年度末の気忙しさのため全く予定が組めないでいた。

しかし、yamanao999氏が友人と供に撮影に行かれたと聞いたとたん、火が付いてしまった。


                もう見たくてしょうがない。


お休みを取り、体調を崩さぬよう万全の準備をし予定を立てた。

天気予報とにらめっこしながら、当日を迎える。

夕食を摂り2~3時間仮眠。そそくさと準備した後、富山方面へ車を飛ばす。

日付が変わる頃の某海水浴場
2013_04_16_01
平日の深夜であるが、多くの人で賑わっている。
特に慣れた方はゴム長やウエイダーを履き海に入り、身投げする直前の蛍烏賊を網で掬っている。
しかしこの時の成果は今一つで、多い方で1時間で20~30匹ぐらい・・・。

ヘッドライトも投光機も身投げの撮影には邪魔なだけなので、潔く場所を変えることとした。





日付が変わって暫く、とある防潮堤の側から歓声が上がる。

蛍烏賊掬いの方々に軽く挨拶した後、少し海に入り、足元を撮る。
2013_04_17_01
金魚のように見えるがコレすべて蛍烏賊。所謂「湧き」の状態に思わず身震いする。

浜に打ち上げられ、青白くほのかに光る蛍烏賊。
2013_04_17_02
儚い命が数多瞬き、消えていく・・・。

歓声から離れ、波の音と蛍烏賊が吐き出す水の音を聞きながら、一人リレーズを押し続ける。
2013_04_17_03
なぜだろう、涙が出て来る。

そう、最近泣き上戸なんよ。年喰った証拠かな?

でもまぁいい。また、見に行きたい・・・。
この記事のURL | 風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<New Bag | メイン | 菊咲一華>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://mahalito1326.blog118.fc2.com/tb.php/701-c15a2357
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。